料理で交流30.2.24 311を話そう

平成30年もいいスタートを切り、新しい閖上を築く人々と新しい活動を重ねています。今度は、海外からいらしている人々に、311の体験を話すことにより自信をつけて頂き、母国に帰国してから和食を振舞い日本の文化を伝えて頂けるように、文化の違いを聴きながら一緒に和食を作り、双方向での学びの場を作ります。

この欲張りな行事に是非、話したい人も聞きたい人も参加して下さい。

 被災された方々には、語り部講師として有償ボランティアとして参加して頂きます。新しい一歩を踏みだすきっかけにしていただけるのではないかと、私たちも楽しみにしています。

 和食を作るときは、和食の板前さんが指導に入りますので、気楽にこれまでのご自分の経験もプラスして海外からの方々に個々に和食の作り方を教えてあげることが出来て、参加する双方が楽しめる行事としました。今後もこのような活動を重ねていきたいと思います。さあ参加申し込みをしましょう!!

 

 

waka

事務局長一般社団法人ふらむ名取
2011.3.16から緊急支援(国際交流協会ともだちin名取事務局長として)→復興支援(名取交流センター事務局長として)等を行って参りました。当時から同じ方向性で活動を共にしてきた【閖上復興だより】・【閖上震災を伝える会】とともに【一般社団法人ふらむ名取】事務局長として地域コミュニティー再生の一助となる活動をしています。  私たちたしは人と人の間に線をひかないことを大切にして活動します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です