???????????????8月18日、広島県福山市神辺文化会館で

東日本大震災の、体験から学んだことを公演させていただきました。

私の高校2年生の息子は、「亡くなった同級生のこと、ふるさと、これからの復興に自分達ができること」などを話しました。

色々な思いがありすぎて、25分の持ち時間を大幅にオーバーし40分近く話をしました。

なんと!!原稿も作らず・・。

どういうことを話すかだけのメモだけで・・。

亡くなった7名の同級生の話になると、会場ではハンカチで目頭を押さえる姿が。

現在自分達が行っている「子ども会議」での、まちづくり案の話もきちんと言えたようです。

肝心の私は、原稿数枚を持って檀上に上がりましたが・・。

結局、1枚も原稿を見ることもなく、いつもの語り部で話をしている調子で

息子と同じく時間オーバーでした。

「震災でわかった家族の大切さ、命の大切さ、閖上の語り部」の話をさせていただきました。

600名の方が来場してくださり、前列には数十名の中学生もいらっしゃいました。

親が子を思う話になった時、やはりお母さん方は涙してくださいました。

まだまだ、減災や防災につながる話もたくさんしたかったのですが・・。

また次回、呼んでくださるかなぁ~?

広島県福山の方々のあたたかさを、しみじみと感じた2日間でした。

ありがとう!!

norippi

閖上のみなさんと、これからも一緒に歩んでいきたいと思います。 よろしくお願いいたします。

最新記事 by norippi (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です